Welcome!‎ > ‎

Our Story 2人のストーリー

Us in a neat atrium in The Mirage.
We met at the Guggenheim.  Yep, we sure did... although it wasn't quite like we just happened to run into each other while admiring the same work of art.

On a sunny afternoon in May of 2008, a bunch of us met for a day at the museum.  Davis Erin Anderson had the idea that we should all do this to take advantage of Richie's free admission through his company.  Davis invited Denise Anderson, who in turn thought it would be fun to invite her friend Akiko.  Everyone had met Akiko beforehand except Richie.  Davis, attempting to ensure Richie wouldn't mind a stranger coming along, said, "I think you'll like her."  Little did she realize the magnitude of her understatement.  We all had a great day at the museum, followed by dinner at the Boat Basin Café, and a friendly game of Scrabble.  Richie asked Akiko out the next week.

Our first date began with a detailed conversation involving computer programming in Matlab; we both knew this relationship had potential.  We went to a nice Thai restaurant (that no longer exists...), had cupcakes at the famous Magnolia's Bakery, and enjoyed twilight over the Hudson River.  The time got away from us, and even though it was a Monday evening, we didn't part ways until close to midnight.  Since then we have become essential parts of each other's lives.

Three years later, the time came to pop the big question.  And what better place than where we first met.  Richie suggested that we should visit the Guggenheim, as we hadn't been in a while.  In front of the museum, where they had first laid eyes on each other, Richie got down on one knee, in front of the crowd, and popped the question.  Akiko said yes; there was applause.

出会いはグーゲンハイムミュージアム(Guggenheim)。そう、グーゲンハイム...とは言っても、芸術鑑賞中に出会った、という訳ではないけれど。

それは、2008年、よくはれた5月の日曜の午後。友達同士でグーゲンハイムに行く事にしました。元はと言うと、デービス=エリン=アンダーソンが、リッチーの会社の割引を使おう、と思い立って。デービスはデニース=アンダーソンに声をかけ、デニースはもう一人、友達の亜樹子を呼ぶ事にしたのです。この時点で、リッチー以外の全員は亜樹子と会った事がありました。デービスは、一応リッチーに、もう一人知らない子が来るんだけど、という事で、”気に入ると思うよ(いい子だよ、くらいの意味で)”とだけ伝えておきました。気に入る、とは控えめな表現だったようですが、デービスはもちろんそんな事は思いもしませんでした。グーゲンハイムミュージアムではみんないい時を過ごし、そのあとボート=ベースン=カフェ(Boat Basin Café)でのディナー、スクラブル(Scrabble)ゲーム、と続きました。そして、リッチーは次の週、亜樹子をデートに誘ったのです。

ファーストデートはMatlabプログラミングの話で幕を開けました。この時点で私達は2人とも、これはうまく行くのでは、と思っていました。デートはタイレストラン(今は潰れてもうないですが)に行き、有名なマグノリアベーカリー(Magnolia's Bakery)でカップケーキを食べ、ハドソン川で暮れて行く日を眺めました。時間はあっという間に過ぎ、月曜日にも関わらず、お休みを言ったのはもう真夜中近くでした。その日から、私達はお互いの人生になくてはならない存在になったのです。

3年が経ち、“その質問”をする日が来ました。初めて出会った場所以上にいい場所があるでしょうか。リッチーは、しばらくぶりにグーゲンハイムに行こう、と提案しました。初めて二人が出会ったミュージアムの前で、リッチーは人ごみの中で片膝をついて、“その質問”をしたのです。亜樹子は”yes”と答え、私達は、周りの人から祝福の拍手をもらったのでした。